食材にこだわる理由―その1―

ときどき、お客さまから、「高円寺にしては料金がやや高め」というお言葉を
いただいています。

高円寺といえば、中央線沿線でも激安の街として知られたエリア。

その中では、確かにメニューの金額は若干高めなのかな?とも思います。

ただし、言い訳ではありませんが、原価率は決して低くありません。

その理由は可能な限り、食材には気をつけているためです。

●使える野菜は全て、有機JAS認定のものにしています。

●ハーブ類も、できるだけ種類を使うように心がけています。

●肉類は銘柄ものにしています(本当はよりグレードの高いものにしたいのですが、
それこそとんでもない金額になりますから、我慢しています)。

●その他の素材も、なるべく無漂白のもの、添加物を使わないものにしています。
塩は自然塩、砂糖は三温糖やココナッツシュガーなどを使っています。


食材にこだわるというのは、実はシェフが六本木シクロ時代には
なかなかできないことでした。大箱と六本木という立地のため、
そこまで厳選するというのが、会社員という立場上、
はばかられるという理由がありました。

でも、現地に赴くと、本当に食材がイキイキしているんです!
その味を再現しようと思ったら、どうしても、日本では、
「こだわりの食材」を使うしかないんですよね。。。

一説、豊かな日本の淋しさの一端。。。。という気持ちにもなりますが。

そんな理由からどうしても原価が高くなり、その分若干、メニュー金額が
高めになっているかもしれません。

でも、素材から徹底的に吟味して手作りしていますから、決して高くないと
自負しています。いろいろ召し上がっていただけたら、次の日、きっと、
胃腸の調子が快適になるんじゃないかな? と思ったりします。

毎日の食事はとても大切です。お店としては、可能な限り安価に、
こだわりの食材を使って作ることも、飲食店として、
お客さまに責任ある姿勢だと感じています。

ご理解いただけたら、うれしいなと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷろい
2008年04月09日 14:36
こんにちは~。
またまたうちのお客様から
「友達と行ったけど、あんまりおいしくって料理が来る前何話してたかお互い忘れちゃった」
とうれしいご報告をいただきました。
おかげさまで、オーセンティックさんを紹介すると「ぷろいの言うことはあてにならん」の汚名返上できます。
こだわり食材のおいしいベトナム料理、これからも期待してますね♪♪
mori
2008年04月12日 16:59
ぷろいさま

いえいえ~。

本当に、いつもありがとうございます。

コメントが遅くなってごめんなさい。

そろそろ、遅れていたメニュー改変を
したいと思っています。魚介メニューも
増やすことができるはず。

また、近く伺いたいです!

よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック