移転をするに至った話・・・①(長文注意)

こんにちわ。

オーセンティック@もりいずみです。

先に移転を決めた話を書いてしまい、なかなか、
なぜ、移転をすることになったか、という話を
書けていませんでした。

ちょっと長い話になるので・・・。

どこまでうまく書けるか、微妙なのですが
(って、本業ライターなのに、ダメじゃん・・・)

お付き合いいただけますと、幸いです。

***************

今さらですが、オーセンティックは、2007年12月に、
高円寺でスタートしました。

正確には、ソフトオープンというやり方(正式なオープンといわずに
ゆるゆる営業すること)を、11月半ばくらいからスタートさせていました。

2009年12月30日に一度閉店して

(自分たちにとって、店が広すぎましたWW。
高円寺のときのお客さまでも、ご存じない方が多くいらっしゃいますが、
実は2階もありました。2階も入れると60席でしたW 笑えます)

その後、2010年2月~2011年1月まで銀座のラ・スコールで、
中塚が料理長を務めさせていただき、そこもやめることになり、

運よく2011年2月に浅草地下街の物件を見つけ、
「モンティーさんの前じゃないの!!!」という、
とても、ラッキーな場所にウキウキして即決し、

2011年3月10日の、(しかも夜8時<苦笑>)に、何とか
オープンをしたら、翌日地震がやってきました・・・。

正直当時私は、
「やっぱり、運悪いのか? この人(中塚のことです)???」
と思いました。2011年3月、4月には、お客さまが、本当に少なくて、
死にました。。。

時節がら、仕方がないことだし、東北のことを考えると、ぜんぜん
大したことではなかったのですが、そのまま閉店することも、
考えました。5月もダメだったら、閉店する予定でした。

そう思っていたら、雑誌や新聞の取材があったり、
ネットに投稿してくださる方がいらしたりして、
幸運なことに、5月になると、少しずつお客さまが増えました。

どうにか、やっていけるかも、と思って閉店は先延ばしにしました。

で、7月のほうずき市の日。

朝、ランチの準備に店に向かうと、
いつものように、モンティーさんに、行列ができていました。

「モンティー、いつもすごいね」
と、中塚と話しながら歩いてくると、

行列は、オーセンティックにできていました。

「えええええええええええええええっ」

全くの予想外のことで、狼狽しつつ、
何とか、当日のランチを終えました。

そこから、今日まで、連日たくさんの問い合わせをいただき、

土日のランチは、どうやったら、行列を減らせるか
(店の間口が狭く、並んでいただける場所が本来ないんです・・・)
みたいはことを考えて過ごしました。

ディナーは、一番多い日で、1日100人ほどお断りしたりしました。

たくさん電話が鳴っても、お断りするだけなので、さすがに、
凹んだこともよくありました。

高円寺のときは、広すぎて閉店したのに、
浅草では狭すぎてお客さまに入っていただけない・・・

つくづく頭が悪いんだなぁ、と思ったりしました。

冷房もなくて、ご存じのように、夏はものすごいことになるし。

でも、まさか、浅草でこんな風にたくさんの方に来ていただけるなんて、
思ってもみなかったので、本当にありがたい気持ちでいっぱいでした。

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック